http://security.freebsd.org/advisories/FreeBSD-SA-06:17.sendmail.asc

FreeBSDに限った話ではないけどsendmailの脆弱性。8.13.7以外の8.13.6以前のバージョン全てで影響がある。細工を施したメールをキューに置くことでDoSされる可能性がある、というもの。

FreeBSD用にはパッチがある。8.13.7に上げずとも、とりあえずの対処法もあるようだ。sendmailのアドバイザリを参照。コアダンプを抑制するか、ForkEachJobオプションを有効にするといいらしい。当たり前だけど、それらを設定することでの挙動変化(プロセス数が増えるとか、そもそもコアダンプ取れなくなるとか)には要注意。