Virtual PCのWindows版が無償化された。Mac版はまだのようだ。

ちょっと前にVirtual Serverは無償化されているので、それに追従した形だろう。Virtual Serverに対するVitual PCのメリットはズバリ、「音が出ること」。Virtual Serverはオーディオデバイスのエミュレーションが省かれているので音が出ない。Virtual Serverはサービスとして動作しているから音が出たら出たで困るんだけども。

そんなわけで、Windows98やMeでしか動作しないレガシーなアプリケーションはVirtual Serverで98/Meのインスタンスを作るよりも、Virtual PCで作った方が音も出るし、ゲストOSもホストOSの1アプリとして動くので使いやすいだろう。

ただし、Windowsなどの商用OSをゲストOSとしてインストールする場合、ライセンスには要注意。Virtual Server/PCの仮想マシンも1つのコンピュータとしてカウントされる場合がある。Windows Vistaでは1ライセンスで複数インスタンス(4?)をインストールすることができるらしいが、個人用途や評価開発用途で使いたいのであればMSDN Operating System Subscriptionがオススメだ。商用利用はできないものの、ほぼ全てのMicrosoftのOSが10ライセンスづつ与えられる。サブスクリプションは年毎更新だけれども、利用だけなら有効期間終了後も使用することができる