成りあがり How to be BIG―矢沢永吉激論集 (角川文庫)成りあがり How to be BIG―矢沢永吉激論集 (角川文庫)
著者:矢沢 永吉
販売元:角川書店
発売日:2004-04
おすすめ度:4.5
クチコミを見る

「矢沢永吉」とはもはや一人の個人の事ではなく、生き方のリファレンスモデルなんだろうとさえ思う。

彼自身があらゆる負の環境、感情にどうやってオトシマエをつけてきたのか、率直な言葉で表現される。

困ったことや辛いことに直面する度に「こんな時に矢沢ならどうするだろうか」と考えることが次の行動に繋がるのであれば、それで良いんじゃないか。この一冊がファンの間でバイブル化している理由もきっとそのあたりにあるのだろう。

自分自身にもっとも厳しく接するからこそ、自分自身への信頼が生まれる。弱い自分もすべて受け入れた上で、それでも甘えを許さない。そんな生き方、誰でも憧れる。誰だってそうありたい。

彼の凄さは、今でもそんな憧れの対象で居続けていることだ。