インターネットが死ぬ日 (ハヤカワ新書juice)インターネットが死ぬ日 (ハヤカワ新書juice)
著者:ジョナサン・ジットレイン
販売元:早川書房
発売日:2009-06-25
おすすめ度:4.0
クチコミを見る

パソコン通信ではなくインターネットが、アプライアンス機器ではなくパソコンが普及した理由は「生み出す力」にあるとする。肥沃なインフラと、隣人への信頼、それに加えて問題先送りの原則が生み出す力の源泉であり、同じ理由がインターネットに死を招くとする。不特定多数への信頼が成り立たない規模まで大きくなってしまった宿命とも言えるだろう。

なるほど、清濁混交の中だからこそ創造が生まれると思えば分かりやすいし、少ない経験に照らし合わせても十分に納得のできる話だ。誰かがルールを牛耳るパソコン通信やアプライアンスの世界は、確かにセキュリティに守られた消毒された世界となり得るが、それだけでは破壊的なイノベーションは生まれそうにない。

悪意ある人間はどこにでもいるものだ。悪意が悪戯目的であるうちはかわいいものだが、そこにカネになる臭いが発生してしまうと、とたんに信頼で成り立っていた秩序が成り立たなくなってしまう。

本書では、生み出す力を活かしつつインターネットの死を防ぐには、Wikipedia等のコンテンツ層での成功事例を技術層にも応用することを提言している。これからは教育レベルが未成熟な地域でもパソコンやインターネットの利用は広がっていくだろう。相対的な悪意ある利用者の数も増え続けるのだ。コミュニティの成熟によって悪意の抑制を期待しようというわけだ。

人間社会から悪意が無くなるなんて日は来ないだろう。悪意ある人々も飲み込んでも尚成り立つ社会を実現しうる技術が必要だ。決定的な具体策はまだ見えない。コミュニティの力の利用ももちろんだが、テクノロジーでの解決方法も探らなければいけない。生み出す力を守る手段も、パソコンとインターネットが生み出さなければならない。