英会話ヒトリゴト学習法英会話ヒトリゴト学習法
著者:酒井 穣
販売元:PHP研究所
発売日:2008-10-17
おすすめ度:4.5
クチコミを見る

具体的な英会話学習ノウハウ(題名のとおりヒトリゴト学習法)はもちろん、英会話を学ぶ動機付けへの言及に心を動かされる。

今まで外国語は(特に世界の普遍語である英語は)、情報の入力量を絶対的に多くするための手段以上のものではないと考えていた。まさに必要に迫られて習得するものだと考えていたのだが、本書を読んで考えは一変した。

思考は言語に非常に深く結びついており、実際それぞれの言語を使っているときに活性化されている脳の部位は違うのだそうだ。日本語を使っているときと英語を使っているときで、性格が違うと実感する人も多いらしい。つまり、言語を習得することは内なる別人格=アルターエゴの作り出す事だと言う。同じ問題について考えるとき、日本語の思考と英語の思考で違った解答が出る場合がある。そのためよりいっそう考えを深める事ができる。自らの意識の中で、日本語人格と英語人格が議論をしていると言って良い。

物事に対して、多角的に、多様な視点で全体を捉える事が大事であるとすれば、アルターエゴの存在は非常に強みを発揮する事が出来るだろう。情報の入力量を増やすだけではなく、入力した情報を育てる上でもとても重要な意味を持っていることがわかる。

言語を習得する度ににアルターエゴを立ち上げる事ができるのであれば、世界がこれだけ多くの多言語で分断されてしまっていることは不幸な事ではなく、むしろより多くのアルターエゴの存在を予感させる、喜ぶべき事なのかもしれない。

「バベルの塔を建てた奴、ちょっと来い」と嘆く前に、是非読んでおきたい一冊だ。