負け組アーキテクトの憂鬱

メモしておきたいことや読書の記録を淡々と書く。

2010年02月

[読書]MySQL全機能バイブル ~現場で役立つAtoZ~3

MySQL全機能バイブル ~現場で役立つAtoZ~MySQL全機能バイブル ~現場で役立つAtoZ~
著者:鈴木 啓修
販売元:技術評論社
発売日:2009-09-29
クチコミを見る

MySQLの「紙のマニュアル」が欲しくて購入。その目的に十分な内容だった。

MySQLについてはwebだけでも一通りの情報がそろっている。一方で、そのサイトが前提としているバージョンが古かったり、そもそもの記載の信頼性に疑問符が付いたりと、目的の情報に辿り着くには案外時間と労力を費やさなければならない。もちろん公式のオンラインマニュアルも充実しているのでそこで調べるのが一番ではあるのだが。

全機能バイブルと言うくらいなので、MySQLにまつわる情報が体系的に纏まっていることに大きな価値がある。

数あるMySQLリファレンス本の中でこの本を選んだ理由は、特に前半のMySQL固有の内部構造や各機能の動作原理の基本的な解説が詳しかったからだ。単なるSQLリファレンスだけが載っている本とは違った趣向だ。また、前提バージョンは5.1.30と比較的新しい。MySQLは成長著しいプロダクトなので、バージョンが上がる度に新機能がどんどん追加される。旧バージョンの常識は新バージョンでは通用しないのだ。

SQLリファレンスであると同時に、比較的新しいバージョンの機能解説でもある。継続的な改版を期待したい。

[読書]「日本で最も人材を育成する会社」のテキスト5

「日本で最も人材を育成する会社」のテキスト (光文社新書)「日本で最も人材を育成する会社」のテキスト (光文社新書)
著者:酒井穣
販売元:光文社
発売日:2010-01-16
おすすめ度:4.5
クチコミを見る

フリービットには11月末までお世話になっていました。

当然のことながら、社外の立場に立って初めて気付くということは沢山ある。良いとか悪いではなく、引っくるめて社風というやつなんだろう。

あくまで個人的な見解になってしまうが、実際のところ酒井さんが入社され、数々の施策のお陰で現場の空気は確かに変わったと思う。特に実感出来たのは、第7章で紹介されている「道真公の愛」だ。同僚の書評を読むのはそれだけでも楽しい。感じ方は人それぞれなどと言うけれども、それを手っ取り早く実感できる手法でもある。そして、この道真公の愛のもう一つ凄いところは、購入補助金というインセンティブと、情報をアウトプットするスキルを身につけることのバランスが絶妙な事だ。

続きを読む