負け組アーキテクトの憂鬱

メモしておきたいことや読書の記録を淡々と書く。

2010年08月

[読書]脳からストレスを消す技術4

脳からストレスを消す技術脳からストレスを消す技術
著者:有田 秀穂
サンマーク出版(2008-12-16)
おすすめ度:4.0
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

主に脳の働きから、人間がストレスを感じるメカニズムを解説し、そこから導き出されるストレス対策法を紹介する。

脳の働きと言っても小難しい表現ではなく、わかりやすく平易な文章でとても読みやすく構成されているため取っつきやすいだろう。

続きを読む

[読書]安心社会から信頼社会へ―日本型システムの行方4

安心社会から信頼社会へ―日本型システムの行方 (中公新書)安心社会から信頼社会へ―日本型システムの行方 (中公新書)
著者:山岸 俊男
中央公論新社(1999-06)
おすすめ度:4.0
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

物事を理解する上で、その成り立ちや論理的根拠を知ることは避けて通れない。そういう意味で、日本特有の文化や今後の指針を理解するために大きな道筋を与えてくれる一冊だ。

続きを読む

[読書]スーパーコンピューターを20万円で創る4

スーパーコンピューターを20万円で創る (集英社新書)スーパーコンピューターを20万円で創る (集英社新書)
著者:伊藤 智義
集英社(2007-06-15)
おすすめ度:4.5
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

まさに「選択と集中」を地で行くような、多体問題に特化したスーパーコンピュータGRAPEの開発物語だ。東京大学を舞台にした物語調で、著者はその開発メンバーの一人である。

続きを読む

[読書]いのちの食べかた5

いのちの食べかた (よりみちパン!セ)いのちの食べかた (よりみちパン!セ)
著者:森 達也
理論社(2004-11-19)
おすすめ度:4.5
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

子供向けの平易な文章で、なんとも重たい問題を扱った一冊。

その重たい問題とは大きく2つ。パックに入った食肉はどこから来るのかという問題と、日本における食肉文化とは切り離せない部落差別の問題だ。なんとなくわかったつもりになっていないだろうか。

続きを読む

[読書]伝える力4

伝える力 (PHPビジネス新書)伝える力 (PHPビジネス新書)
著者:池上 彰
PHP研究所(2007-04-19)
おすすめ度:4.0
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

世にあふれるいわゆるコミュニケーション本と、そう逸脱した内容ではなかった。一朝一夕でコミュニケーション能力が劇的に上がるような、飛び道具的な裏技を期待しているのであれば本書は向かない。

では本書では何が特徴的なのかと言うと、元記者であり元アナウンサーである著者の経歴とその経験量に裏打ちされる説得力だ。

続きを読む

[読書]iPadがやってきたから、もう一度ウェブの話をしよう5

「iPadがやってきたから、もう一度ウェブの話をしよう」(iphone/iPad版)、たった今、発売になりました! - My Life Between Silicon Valley and Japan

この書籍には三つの側面がある。中島聡さんとのiPadをテーマにした対談を収録していること、産経新聞での連載「ウェブ立志篇」をテーマ別に構成して収録していること、電子書籍専用で「紙の本」は今のところ出版されていないことだ。

続きを読む

[読書]エキスパートのためのMySQL[運用+管理]トラブルシューティングガイド5

エキスパートのためのMySQL[運用+管理]トラブルシューティングガイドエキスパートのためのMySQL[運用+管理]トラブルシューティングガイド
著者:奥野 幹也
技術評論社(2010-06-12)
おすすめ度:5.0
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

実践ハイパフォーマンスMySQL 第2版と併せて、必携の書。

MySQLの情報を求めてググった経験のある人間ならば、漢(オトコ)のコンピュータ道には一度はお世話になっているはずだ。

MySQL運用上のトラブルシューティングをテーマにしているものの、MySQLの挙動を知る上でこれ以上無いほどの充実した内容になっている。その理由は、トラブルシューティングに対する著者の思いが強く反映されているからだ。

続きを読む

[読書]実践ハイパフォーマンスMySQL 第2版5

実践ハイパフォーマンスMySQL 第2版実践ハイパフォーマンスMySQL 第2版
著者:Baron Schwartz
販売元:オライリージャパン
発売日:2009-12-14
おすすめ度:5.0
クチコミを見る

まず驚くのが初版との厚さの違いだ。

それも当然、初版はMyISAMエンジンを前提とした、いわゆるテクニック集的な内容だった。第二版では広さも深さもまるで別物と言っていい。MySQLのソフトウェアとしての成長速度が速いという証明でもある。改版でここまで変わったケースも珍しいんじゃないかというくらい変わっている。第二版が対象としているバージョンは主に5.1系だ。InnoDBエンジンがデファクトスタンダードになった今は、もはや初版は役目を終えてしまったと思える。

「ハイパフォーマンス」と銘打つものの性能の話には止まらない。バックアップリカバリやレプリケーションといった信頼性や可用性に関わる内容からセキュリティまで、ほぼ完全網羅だと思う。MySQLを扱う上では当面、これ一冊あれば困ることはほとんど無いんじゃないかと思うくらいだ。

MySQLに関わるエンジニアならば、間違いなく必携の書だ。手元に置いておかなければならない一冊。