もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだらもし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
著者:岩崎 夏海
販売元:ダイヤモンド社
発売日:2009-12-04
おすすめ度:4.5
クチコミを見る

どこの本屋で見ても平積みでした。売れてるみたいですね。

「マネージャーと言えば管理職ではなく高校の野球部の女子マネージャー」という冗談のような着想を実現してしまった、小説仕立てのドラッカー入門本。主人公である野球部の女子マネージャー「みなみ」が、ドラッカーのマネジメント(エッセンシャル版)を片手に奮闘するというストーリーだ。

女子マネージャーはマネジメントを引用しながら野球部を組織と定義し、組織運営上の問題を解決してゆく。一見、野球部という突拍子もない例えでありながらも、具体的な実践例がピッタリと見事に当てはまる。弱小チームが甲子園を目ざすというありきたりなストーリーも、非常に斬新な内容になってしまった。各章毎にテーマを絞って構造化されている点も、後から読み返すときに役立つだろう。

基本的な流れとしては、章毎にマネジメントの内容を引用・解釈し、実践例を示し、読者に対して一つの見解を与えるものだが、最後の章「みなみは真摯さとは何かを考えた」の章だけは異質だ。「真摯さとは何か」を一切示していない。ドラッカーは他の著書でも繰り返し真摯さの重要性を説いている。真摯さはドラッカーの世界観の中でも、最も重要な概念の一つだろう。

最終章では安易に「真摯さとは何か」の回答を与える代わりに、読者が真摯さについて考えるエピソードをこれでもかと盛り込んである。小説の展開もクライマックスとあって、手に汗握りつつ本質的なことを考えるという刺激的な体験が出来ること請け合いだ。