スーパーコンピューターを20万円で創る (集英社新書)スーパーコンピューターを20万円で創る (集英社新書)
著者:伊藤 智義
集英社(2007-06-15)
おすすめ度:4.5
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

まさに「選択と集中」を地で行くような、多体問題に特化したスーパーコンピュータGRAPEの開発物語だ。東京大学を舞台にした物語調で、著者はその開発メンバーの一人である。

あとがきによれば、かつての名番組、NHKのプロジェクトXからGRAPE開発関係者に取材のオファーがあったとのことだ。しかし結局、番組の打ち切りとなり、実際に取り上げられることは無かったらしい。

それを意識してかどうかはわからないが、本文はまるでプロジェクトXのような雰囲気だ。正直、東京大学固有の話題や内部事情などは想像しづらい部分ではあるが、臨場感は十分だ。ゼロから作ったモノが動いた動く瞬間は気持ちが高ぶるものだ。そんな興奮も伝わってくる。

あくまでノンフィクションを題材としたドキュメンタリーであり、人間ドラマだ。詳細な技術や理論を解説する内容ではない。しかし、物作りやチームワークがモノを言う仕事に関わる人間には、良い刺激を得られるだろう。